人材確保等支援助成金 働き方改革コース<2019年度より新設!!>

 

概要・ポイント

働き方改革に取り組む上で、人材を確保することが必要な中小企業が新たに労働者を雇い入れ、一定の雇用管理改善を図ると助成されます。

このような企業様にオススメ!

・定着率をアップさせたい
・人員確保コストを削減したい

 

支給額

計画達成助成 1名あたり 最大60万円(10名上限)

目標達成助成 1名あたり 最大15万円(最大10名)

 

計画達成助成について

Q:達成すべき目標とは?

1.「雇用管理改善計画」を作成し、労働局の認定を受けること
2.計画開始から6ヶ月経過までに新たな雇い入れを行い、1年を超えて雇用すること
3.計画開始の前日と計画期間の末日の翌日の雇用保険被保険者数を比較し、人員増となっていること
4.所定(※)の離職率が30%以下であること ※雇用管理改善計画1年間が対象

 

目標達成助成について

Q:達成すべき目標とは?

1.計画開始の前日と計画開始から起算して3年を経過する日の翌日の雇用保険被保険者数を比較し、人員増となっていること
2.生産性要件を達成していること
3.所定(※)の離職率が30%以下であること ※雇用管理改善計画終了後2年間が対象

*注意点
・時間外労働等改善助成金の支給を受けた中小企業主のみ申請可能
・対象者の雇い入れの前年の会計年度の財務諸表を作成していること
・計画申請日の1年以上前から継続して雇用保険被保険者を雇用していること

助成金の無料相談・お問合せはコチラ 075-744-1744
どのような助成金がもらえるのか?無料助成金相談実施中!どのような助成金がもらえるかわからない方のための安心プラン

助成金の基礎コンテンツについてはこちら

中小企業のための助成金一覧はこちら
TOPへ戻る