キャリアアップ助成金諸手当制度共通化コース

概要・ポイント

就業規則などで、雇用する有期契約労働者等に関して、正社員と共通の諸手当制度を新たに設け、適用した場合に支給される助成金です。

キャリアアップ助成金(諸手当制度共通化コース)は、非正規労働者の処遇改善を進める企業を支援するという目的で作られました。
政府が後押ししている、同じ仕事であれば同じ賃金を支払う「同一労働同一賃金」の考え方が背景にあるようです。
手当を一律で上げることは、企業にとって大きな負担になるかもしれません。

今回の助成金では、候補となる手当が11個あり、適用しやすいものを選択することができます。
この助成金を機に、まずは簡単な制度から共通化して、従業員のモチベーションを上げる取り組みをしてみませんか?

このような企業様にオススメ!

・人材の確保に困っている…
・非正規社員の労働環境を整え、定着率を上げたい…

支給額

1事業所当たり:38万円<48万円>
大企業の場合:28万5,000円<36万円>
※<>内は生産性向上が認められた場合

対象となる手当一覧

①賞与
②役職手当
③特殊作業手当・特殊勤務手当
④精皆勤手当
⑤食事手当
⑥単身赴任手当
⑦地域手当
⑧家族手当
⑨住宅手当
⑩時間外労働手当
⑪深夜・休日労働手当

※1 諸手当の名称が一致していない場合でも、手当の趣旨・目的から判断して
実質的に①から⑪までに該当していれば要件を満たすものとする。
※2 現金支給された場合に限る。(クーポン等により支給された場合は対象外)

助成金の無料相談・お問合せはコチラ 075-744-1744
どのような助成金がもらえるのか?無料助成金相談実施中!どのような助成金がもらえるかわからない方のための安心プラン

助成金の基礎コンテンツについてはこちら

中小企業のための助成金一覧はこちら
TOPへ戻る